すやすや眠るみたくすらすら書けたら

だらだらなのが悲しい現実。(更新目標;毎月曜)

訳文と他作感想;グレッグ少年の『Born Again, Briefly』から作家イーガンの実作へ

グレッグ・イーガン氏の回想記『Born Again,Briefly』を勝手に訳出紹介+初期作との比較。12700字くらい(うち訳文5300字くらい)

訳文;「パンツははくものであって見せびらかすものではありません。ただし…」チャールズ・ストロス氏のblogより

チャールズ・ストロス氏blogの18年2月6日記事『Why I barely read SF these days』を、英検3級が勝手に全訳。12500字(うち訳文7500)くらい。

瞬くようなネタの数々;『バビロンまでは何光年?』感想

『バビロンまでは何光年?』を読んだので感想です。7500 1万2千字くらい。脱線多め。 ※以下、道満晴明著『バビロンまでは何光年?』のネタバレした文章が続きます。ご注意ください※

『少女終末旅行トリビュート』感想

京大SF研+α『少女終末旅行トリビュート』の感想。1万2千字くらい。

非道を仕様とする記法;『イン・マイ・カントリー』感想

ブアマン監督『イン・マイ・カントリー』や原作ルポ、『第三帝国の言語』『普通の人びと』について。3万3千字。(9/7追記。これ以上は増えんと思う)

聖書でなくて;京大SF幻想研『伊藤計劃トリビュート』感想

京大SF研版『伊藤計劃トリビュート』の感想です。1万8千字くらい。

替え玉異性装トリックは1809年の単なる現実;『バイエルン犯科帳』感想

実録本『バイエルン犯科帳』の感想です。7800字くらい。

『江戸の凸凹―高低差を歩く』展感想

『江戸の凸凹』展の感想です。4千字くらい。

『印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション』感想

『印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション』展の感想です。4100字くらい。

萌えクストラポレーション礼賛;『A.G.C.T. 』『月刊 来栖川綾香』感想

新間大悟著『A.G.C.T. 』の設定の不思議を現実の地平につなげようとする傑作SF漫画ぶりについてだけ語ればよいのに、話をまとめるのが下手だから脱線して他の関心事とからめてぼんやりした話をする。9千字くらい。

夢の国の見る夢;『ペンタゴンの頭脳』感想

『ペンタゴンの頭脳 世界を動かす軍事科学機関DARPA』感想です。1万6千字くらい。

きれいなガワの向こう側へ;『KANA-DERO』感想

樋口楓氏1stライブ『KANA-DERO』のタイムシフト視聴時の感想です。5千字いかないくらい。

社会の構成要素としてのポケモン;『名探偵ピカチュウ』感想

『名探偵ピカチュウ』観に行ってきました。 以下感想。(13日8000字くらい。これ以上の加筆はないと思います。*1) ※ロブ・レターマン監督『名探偵ピカチュウ』のネタバレしています。ご注意ください※ *1:更新履歴;最初3500字くらい⇒20時7000字。『モンスタ…

タグ置き場

タグについて。 ★は「すごい」 ○は「良い」 !は「興味深い」 ♪は「面白い」 ♥は「好き」 複数ある場合は「とても」、さらに複数ある場合は「とても」を重ね、4つある場合は「どうしようもなく」というつもりでつけます。たとえば……