すやすや眠るみたくすらすら書けたら

だらだらなのが悲しい現実。(更新目標;毎月曜)

訳文と他作感想;グレッグ少年の『Born Again, Briefly』から作家イーガンの実作へ

グレッグ・イーガン氏の回想記『Born Again,Briefly』を勝手に訳出紹介+初期作との比較。12700字くらい(うち訳文5300字くらい)

訳文;「パンツははくものであって見せびらかすものではありません。ただし…」チャールズ・ストロス氏のblogより

チャールズ・ストロス氏blogの18年2月6日記事『Why I barely read SF these days』を、英検3級が勝手に全訳。12500字(うち訳文7500)くらい。

瞬くようなネタの数々;『バビロンまでは何光年?』感想

『バビロンまでは何光年?』を読んだので感想です。7500 1万2千字くらい。脱線多め。 ※以下、道満晴明著『バビロンまでは何光年?』のネタバレした文章が続きます。ご注意ください※

『少女終末旅行トリビュート』感想

京大SF研+α『少女終末旅行トリビュート』の感想。1万2千字くらい。

糞尿血肉ある生物として;『マンモス展-その生命は蘇るのかー』感想

お台場・日本科学未来館『マンモス展 -その生命は蘇るのかー』の感想です。12,000字くらい、写真9枚。

現実の料理を料理する;『Artiste』5巻まで感想

さもえど太郎氏『Artiste』5巻までの感想{取材と脚色の巧さ}と、セールだし5巻まで読めば連載に追いつけるよ旬ですよ、という話。1万字くらい。

替え玉異性装トリックは1809年の単なる現実;『バイエルン犯科帳』感想

実録本『バイエルン犯科帳』の感想です。7800字くらい。

『江戸の凸凹―高低差を歩く』展感想

『江戸の凸凹』展の感想です。4千字くらい。

『印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション』感想

『印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション』展の感想です。4100字くらい。

夢の国の見る夢;『ペンタゴンの頭脳』感想

『ペンタゴンの頭脳 世界を動かす軍事科学機関DARPA』感想です。1万6千字くらい。

向き合う顔を漫画で描くこと;『妹の姉』感想

ジャンププラスで5/16まで無料公開されているので『妹の姉』を読みました。 ※2019年8月8日現在リンク先で再公開中です。公開は8/15まで? 『チェンソーマン3巻発売記念の、藤本タツキ氏読切&連載作1話一挙公開企画の一環とのこと。 shonenjumpplus.com sho…

タグ置き場

タグについて。 ★は「すごい」 ○は「良い」 !は「興味深い」 ♪は「面白い」 ♥は「好き」 複数ある場合は「とても」、さらに複数ある場合は「とても」を重ね、4つある場合は「どうしようもなく」というつもりでつけます。たとえば……