すやすや眠るみたくすらすら書けたら

だらだらなのが悲しい現実。(更新目標;毎月曜)

♥♥

訳文;「"好奇心駆動型の冒険"とでも言うべき特殊なタイプの冒険に報酬を与えるゲームをつくりたい、それが『Outer Wilds』の主目的です」A・ビーチャム氏の論文より

アレックス・ビーチャム氏による『Outer Wilds』卒業制作時の論文の勝手な邦訳です。訳文2万1千字くらい。

「おかしい」の先、「おかしくてかなしい」の更に先;『なめらかな世界と、その敵』のみの感想

無料公開中の短編『なめらかな世界と、その敵』の感想。2万字くらい。

訳文;「こちらは悪しきピクチャレスクの日常です、あるいは死霊」ミエヴィル氏のblogより

ミエヴィル氏『Skewing the Picture』を勝手に訳して紹介。2万字(うち訳文17000字)

非道を仕様とする記法;『イン・マイ・カントリー』感想

ブアマン監督『イン・マイ・カントリー』や原作ルポ、『第三帝国の言語』『普通の人びと』について。3万3千字。(9/7追記。これ以上は増えんと思う)

聖書でなくて;京大SF幻想研『伊藤計劃トリビュート』感想

京大SF研版『伊藤計劃トリビュート』の感想です。1万8千字くらい。

二重丸をその手に口に;『カイジ』第三部まで感想

漫画『カイジ』第三部までの感想です。ゲーム単体で面白いのに、細部が他ゲームと対比されたり全体の物語のライトモチーフになったりして凄いナという話。9000字くらい。

萌えクストラポレーション礼賛;『A.G.C.T. 』『月刊 来栖川綾香』感想

新間大悟著『A.G.C.T. 』の設定の不思議を現実の地平につなげようとする傑作SF漫画ぶりについてだけ語ればよいのに、話をまとめるのが下手だから脱線して他の関心事とからめてぼんやりした話をする。9千字くらい。

きれいなガワの向こう側へ;『KANA-DERO』感想

樋口楓氏1stライブ『KANA-DERO』のタイムシフト視聴時の感想です。5千字いかないくらい。

社会の構成要素としてのポケモン;『名探偵ピカチュウ』感想

『名探偵ピカチュウ』観に行ってきました。 以下感想。(13日8000字くらい。これ以上の加筆はないと思います。*1) ※ロブ・レターマン監督『名探偵ピカチュウ』のネタバレしています。ご注意ください※ *1:更新履歴;最初3500字くらい⇒20時7000字。『モンスタ…

タグ置き場

タグについて。 ★は「すごい」 ○は「良い」 !は「興味深い」 ♪は「面白い」 ♥は「好き」 複数ある場合は「とても」、さらに複数ある場合は「とても」を重ね、4つある場合は「どうしようもなく」というつもりでつけます。たとえば……