すやすや眠るみたくすらすら書けたら

だらだらなのが悲しい現実。(更新目標;毎月曜)

日記;05/17~05/31

 

 9/21にまとめて更新した日記①です。3万7千字。

 じぶんでは「いろいろと動けてない」と思ってしまって、これが自分の限界で平常運転なんだということをいまだに認められないでおりますね。(いや、一応は日記投稿頻度は下がってるので、「これが限界」と思うのはそれはそれで別の甘えなのか?)

 『POP YOURS』序盤をリアタイ視聴したり、Tabuhan ASMRを面白がったり、キャラ弁にわくわくしたり、映画館に行ったりした月でした。

続きを読む

 そのうち日記記事へ組み込むので消す記事。リツイート数、いいね数は9/14、19:00時点のもの)

0913(火)

 ■ネット徘徊■

  宣伝しないことが宣伝に;ニンテンドーUKの生配信中止が生んだバズ

 ゲームソフト・ハードメーカーである任天堂が、自社ハードの製品を直接コマーシャル・動画配信するンテンドーダイレクト」。9月13日の回は、NintendoUKだけエリザベス女王崩御による「国喪の時期を尊重して」生配信を中止、公開を延期しました。

 それにかんしてさまざま疑問や批判や皮肉(「UKでしなかろうが、おなじ英語圏ニンテンドーアメリカで観りゃいいわけだが……」やら「ちょっと遅らせるだけで/生でしないだけで動画公開はするんだ?」やら)がでたり、あるいはコラージュ揶揄がなされたり……

 ……はたまた他ゲームハードとの対立煽りの薪となったり……

 ……していたようで、これらにぶら下がったリプライ欄を見るのは精神衛生上非常にわるい。

 

 今回の『ニンテンドーダイレクト』でアナウンスされた内容自体は、新作告知や新作続報が目白押しですばらしいものでした。

 とくにぼくがうれしかったのは、人気シリーズ《ゼルダの伝説》のなかでもとりわけ評判のよい『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』、その直接続編の正式タイトルと発売日が発表されたところ!

 『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』の発表ツイートは、たとえば日本の任天堂株式会社アカウント(@Nintendo)のもので直接&引用合計6.76万リツイートの9.7万いいねゼルダの伝説公式アカウント(@ZeldaOfficialJP)のもので計6.4万リツイートの12.1万いいねニンテンドーオブアメリカ(@NintendoAmerica)のアナウンスで計7.6万リツイートの18.4万いいねがなされました。

 これだけ話題となる情報を発信できなかったニンテンドーUK(ひいては任天堂は、おおきな機会損失をしてしまったのではないか?

 ……というと、実はそうでもないのかもしれない、と思わせるツイートを見かけました。

「待って任天堂がUKで『ゼルダ』新作をアナウンスしなかったってそんなの当然じゃん。

 『テ ィ ア ー ズ オ ブ ザ キ ン グ ダ ム(王国の涙/裂け目/分断)』だぞ無理」(私訳)

「マジか。ゼルダの副題『ティアーズ オブ ザ キングダム』が任天堂がUKで生配信をひっこめた理由か? 聲でたわ」(私訳)

kotaku.com

 新作のサブタイトル名とニンテンドーUK生配信中止をからめた個人のツイートが、なんと計1.27万ツイート18.9万いいね等を獲得しているのです。いいね数だけ見たら、公式発表より多いぞ!?

 しかも、最初にツイートを見たころは公式よりちょっと少ない"いいね数"だったんですけど、この文章をだいたい書き終えた頃には超え、文章を見直しているあいだに18:26では18.8万だったのが19:00では18.9万と、いまもなお数十分ごとに千単位で伸びてるっぽい。

 

 さすがに要らぬ誤解を防ぐためとか「不謹慎である」とかの批判をおそれたためとかの真摯な中止だと思うのですが(まぁ、新作ゲームへ期待しただけで「うおおお王国の涙とか最高にクール! 興味そそられるわ!」とか「王国の裂け目が待ちきれないよ!」とか「王国の分断をはやく遊ばせて(プレイさせて)くれ!」とかになっちゃうんで居たたまれないですよね……)、その結果としてなんだか、現代の錬金術師として知られるかもリバー師が以前まとめてくれたような、現代SNSバズマーケティングのあらたな事例みたいになっているのが興味深いなぁとおもいました。

xcloche.hateblo.jp

{この5日間で「新作のタイトル、センシティブだからやめましょう(留保なしに持ち上げないようにしましょう)」という考えに至れて会議ができて実行に移せる時点ですさまじくフットワークが軽いと思うけど、「まったく存在しないか?」ていうとそんなこともないだろうし、たぶん任天堂は実際そういう素早い企業だったんでしょう。

 でも、

英語圏だけで支社が複数あるから気になる人はそっちへ行ってもらえばいいし(なんなら同じ言語圏でパイを食い合うことなく集約できて、より一層にぎやかな数字が出せるかもわからんし)、そのままUKダイレクトするよりも、中止する告知だしたうえで新作タイトル発表するほうが伏線と伏線回収的な快感がうまれて、結果的に新作タイトルのインパクトがより強まって『ゼルダ』ファン以外の悪いオタクに届くからそうしましょう

 みたいな考えを出す異常者が役員にいて、それを「やろうやろう」とGOサインを出せる企業は、さすがにないだろうというか、存在したらこわいので、ほんとうにたまたま、怪我の功名(?)なんでしょうね……}

 

 

訳文;qntm『Lena』

 色づいた葉が落ちはじめました。秋ですね。芸術の秋、勉強の秋、英検3級の秋です。

 チャールズ・ストロス氏が最近のblogでほめていた、qntm氏による短編小説『Lena(レナ)を勝手に訳して紹介します。(原文約1920語、邦文にして6000字。15分前後で読める文量)

続きを読む

服を着るためのビーチバレー;『トップガン』感想

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/z/zzz_zzzz/20220630/20220630234134_original.jpg https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/z/zzz_zzzz/20220630/20220630235809_original.jpg https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/z/zzz_zzzz/20220727/20220727001607_original.jpg

 トニー・スコット監督『トップガン』を観直したので感想です。

 計11万8千字だけど、他者評の概観などでかさんだだけで、自分の感想は4万字くらい。

 上のような画像を30枚ちかく載せたので重たいやも。

 昔みたときは「こんなもんか~」って感じだったんですけど、いやこれふつうにすごいメロドラマだなぁと。

※以下、『トップガン』はじめ、話題にしたものについてネタバレした文章が続きます。ご注意ください※

続きを読む

日記;2022/05/01~05/16

 ひさびさの日記です。3万6千字くらい。

(03/15~05/16までを一挙に載せたら「読み込みが不安定だ」というツイートを見かけました。自分のPCで確認したら確かに重かったのと、承認欲求のかたまりなので、分割することにしました。この記事と、そのまえの「日記;2022/04/01~04/30」と、さらにまえの「日記;2022/03/15~03/31」は5/17にアップした記事です)

 メリー卒業告知で杞憂民の血がさわいだり、『ゴジラS.P』ACを聞いたり、『カービィ ディスカバリー』の感想記事をアップしたり、話題の映画を観たりした2週間でした。

 ※言及したトピックについてネタバレした文章がつづきます。ご注意ください※

続きを読む

日記;2022/04/01~04/30

 ひさびさの日記です。3万字くらい。

(03/15~05/16までを一挙に載せたら「読み込みが不安定だ」というツイートを見かけました。自分のPCで確認したら確かに重かったのと、承認欲求のかたまりなので、分割することにしました。

 この記事と、そのまえの「日記;2022/03/15~03/31」と、このあとの記事「日記;2022/05/01~05/16」は、5/17にアップした記事です

 『ゴーストバスターズ アフターライフ』を観てそのうごめく表面のキメにふるえたり。競技シーンの定石を研ぎ澄ます"QED"と趣味ピックを尖らせる"しらんでぇ"、両極端なV最協S4に燃えたり、V最狂や無知ペックスに笑ったり。委員長の「"Vは絵"ならリスナーは文字。だけど……」星の王子さま』を補助線にする"推し"の話が中英どころかタイ語まで翻訳拡散されたことを知ったり、あにまーれvtuber宗谷さんの卒業をみんなでジャンプしたりした月でした。

 ※言及したトピックについてネタバレした文章がつづきます。ご注意ください※

続きを読む

日記;2022/03/15~03/31

 ひさびさの日記です。2万字くらい。

(03/15~05/16の二ヶ月間をひと記事に載せたところ「読み込みが不安定」というツイートを見かけました。自分のPCで確認したら確かに重かったのと、承認欲求のかたまりなのとで、分割することにしました。ビジターフレンドリーでありたいものです。

 この記事と、このつぎの記事「日記;2022/04/01~04/30」、そのさらに次の記事「日記;2022/05/01~05/16」は、5/17にアップした記事です)

 委員長のCOVID-19自宅療養快癒報告配信を観たり、恋愛・青春マンガにおけるトリオン体としての『隣のお姉さんが好き』14話たーくんの精神性に感銘をうけたり、岩原裕二『クレバテス−魔獣の王と赤子と屍の勇者−』がふつうに面白いなぁとなったり、莎々野うた『マリトッツォだっつってんだろ』などはキャラの魅力・小道具の使い方・物語運びがうまい塩梅だなぁとなったりした2週間でした。

 ※言及したトピックについてネタバレした文章がつづきます。ご注意ください※

続きを読む